ブログBlog

Blog

04-7151-2815

営業時間

平日 9:30~19:00
※土日祝は営業時間が変動します。
一度ご確認ください。

定休日

不定休

Home > ブログ > 明けましておめでとうございます ~食べ過ぎたお正月、体脂肪を燃やせ!~

NEWS

明けましておめでとうございます ~食べ過ぎたお正月、体脂肪を燃やせ!~

新年明けましておめでとうございます。

本年も皆様の健康のお役に立てるように、治療&運動指導に

精進していきますので、どうぞよろしくお願いいたします。

 

 

皆さんはどんなお正月を過ごされましたか?

私は例年のごとく、食べまくりのお正月でした。

年末31日には実家へ、翌1日には妻の実家へお邪魔し、

双方で相当な量を食べてしまいました。

流石に、いつもよりちょっとお腹がポヨポヨになりました。

 

毎年食べ過ぎている私ですが、その分、例年以上に動いて消費しました。

1日から今日の5日まで、毎朝約1時間か、それ以上運動をしています。

特に昨日4日は、2時間30分程、朝食前にランニングをして、

まだいけそう、まだいけそうとガス欠寸前まで動き続け、

身体の中のエネルギーを使い果たした感じで、全身がすっきりしました。

その後ブランチとしてしっかり食べてしまいましたが、適量でした。

 

血糖値が下がっている空腹時に運動をすると、体脂肪が優位に消費されて、

エネルギーになります。朝は夕食を食べてから8時間位の時間が経っていて、

血糖値が下がった状態ですので、朝起きたらすでに体脂肪が優位に使われる状態に

なっています。

 

私は普段から、この朝の運動習慣なので、何も食べずに動く事には

慣れているので大丈夫ですが、朝の空腹時に動く習慣のない人は

徐々に運動時間を伸ばしてみて下さいね。

 

運動負荷は息が上がらない程度のやや低めです。坂道になったら

速度を落として調節します。息が上がらない程度の運動が、

体脂肪優位にエネルギーとして使いますので、楽に長く動けます。

ちなみに心拍数を測りながら走っており、その心拍数は1分間に135

という数字を目安にしています(心拍数にはかなりの個人差があります)。

 

息が上がるほどの運動は脂肪よりもグリコーゲン(糖質)を使いだすので

運動自体も長持ちしません。もちろん、目的次第ですが、体力(心肺機能や筋力)を

上げたいのであれば、負荷は高めが良いのですが、

体脂肪を減らす事を目的にするならば、高い負荷で「はぁはぁぜぃぜぃ」する運動よりも、

低負荷長時間の方が良い感じです(かなり当たり前の話ですが・・・)。

代謝的にも脂肪を消費しやすい身体になっていきます。約20年以上、毎日ではありませんが、

朝、何も食べずに運動をする習慣がついているせいか、私の体脂肪率は常に低めで太りにくい体質です。

 

もちろん他の要素もあるかもしれませんが、朝の空腹時の

運動の効果はかなりあると思っています。私には「食べた分は動く!」

これが一番しっくりきます。体脂肪を減らす、体脂肪燃焼体質にするならば

朝の空腹時の運動が一番お薦めです。

 

今は寒くて早朝布団から出るのが大変ですが、

 

年始は習慣を変えやすい時

 

でもあるので、体質を変えたい方は

是非チャレンジして習慣にしてみて下さい。

 

それではまた!

 

次回は食べ過ぎた時のストレッチ

 

をお伝えします。お楽しみに!

シェアするShare

ブログ一覧