ブログBlog

Blog

04-7151-2815

営業時間

平日 9:30~19:00
※土日祝は営業時間が変動します。
一度ご確認ください。

定休日

不定休

Home > ブログ > 腹筋のストレッチを2種類!

ストレッチ

腹筋のストレッチを2種類!

本日もブログへお越し下さり、
ありがとうございます。

 

 

 

 

 

最近、ストレッチを継続しております。
特に腹筋のストレッチを入念に1日数回、
行っております。

きっかけは先日、数十年ぶりにやった
器械体操。「やっぱ硬いとダメだ!」と、
体で感じてしまい。地道にやっております。

それが、なぜ腹筋かというと、

身体が反れなかった

からです。器械体操は脚がべったりついて柔らかい
だけでなく、体幹部の柔軟性もある事で
しなやかな美しい動きに繋がります。

器械体操をやらなくても、上半身がしなやかに
動くことは日常生活においても大切です。

特に猫背の方は腹筋が短く硬くなっています。
骨盤が後傾している人も、同じですね。

腹筋はガンガン鍛えられることが多く、
焼けつくようなトレーニングされる事ばかりで、
あまりケアーの対象にはなっていない、
と思いませんか?

上半身と下半身を繋ぐ大切な筋肉です。
久々にやってみて、「おっ硬い!」と
感じてしまいました。

一つ目は体の前面、腹直筋を伸ばします。

身体、特に腰を反る体制になるので
絶対に腰に負担がかからない様に
行ってくださいね。

ポイントは腰を反るのではなく

「みぞおち」と「恥骨」を遠ざける⇔

イメージでやって下さい。

 

 

 

うつ伏せになって少し体を起こし、
床に当たっている骨盤の前面が恥骨です、
そこからみぞおちを遠くに離すような感じです。

腹筋だけでなく、背骨が硬く反れない人は
注意して行ってください。そんな人は、
手の付く位置を遠めにして下さい。
近いと上半身の立ち上がりがきつくなりますので。
ゆっくり気持ちい範囲で行いましょう。

二つ目は横っ腹、腹斜筋を伸ばします。

 

 

 

 

片脚を曲げ、曲げた方の膝の前に手を付き
曲げた方向へ体を視線と共にひねります。
反対側のお腹の外側が伸びてきます。
ゆっくり数回呼吸をしましょう。

反対側も行います。

そしてもう一度一つ目のストレッチを行ってみて下さい。
少しやりやすくなっているはずですよ。

猫背で姿勢が悪いひと
身体が捻れなくなっている人
腹筋ばかりやっている人

是非、やってみて下さいね。

ヨガにもいろいろ腹筋を伸ばすポーズがありますが、
今回、ご紹介したのは手軽に出来ますので、
くれぐれも無理しない様に、気持ちい範囲で
行って下さい。本日ももうすでに一回やってます。

ではまた!

シェアするShare

ブログ一覧