ブログBlog

Blog

04-7151-2815

営業時間

平日 9:30~19:00
※土日祝は営業時間が変動します。
一度ご確認ください。

定休日

不定休

Home > ブログ > 骨盤後傾すると…ピラティスチェアーを使って

全て

骨盤後傾すると…ピラティスチェアーを使って


本日もブログへお越し頂き、
ありがとうございます。

 

 

本日は、骨盤が後傾すると・・・というお話ですが、

 

 

これをピラティスの

 

 

チェアー

 

 

というイクイップメントを使って
簡単に説明しますね。

はい、これがピラティスチェアーです。
足を乗せているペダルにバネが付いていて
そのバネの強さで使を調節します。

レッグパンプス

というエクササイズです。

このエクササイズは
しっかり骨盤を立て座り、
立てた骨盤を安定させて
ペダルを踏み下ろす
エクササイズになります。

ん~、ちょっと後ろに倒れ気味…。

この時、

骨盤を安定させているのがお腹の筋肉

なんですね。

骨盤を立てて座っているだけでも
出力を出していますが、そこに、
骨盤で関節をなしている股関節を動かす
という負荷をかけつつも、骨盤を安定させながら
ペダルを踏んだり、戻したりします。

たったこれだけなんですが初めは
出来なかったりします。

これが骨盤が後傾すると、
こんな感じ。

ん~、これはひどい…。

 

 

んで、この時なんですね。
このエクササイズで動いているのは
股関節と膝関節だけなんですが、
骨盤がニュートラルか後傾で使う
ところが変わってきます。

 

 

さて・・・
骨盤が後傾すると・・・

 

 

お腹の力が抜けて
脚で頑張ってしまいます!

 

 

手で触れてみると違いが判ります。

 

 

一方、骨盤を立てたニュートラルな
状態で行うと、お腹に程よい緊張感があり、
脚は最小限の出力で動いてくれます。

 

 

これはやってみないとわからないのですが…。

 

太モモが超頑張ってしまっているんですよね。
しかも腹筋はサボってしまって。

 

 

そりゃーお腹たるんで、
脚は太くなるわけですよね。

 

 

だから骨盤の位置って、大事なんです。
後傾していると全部脚で負荷を受けてしまい、
骨盤体幹部は不安定になります。

 

 

ランニングで言ったら

 

 

腰が落ちている

 

 

状態になりますよね。

 

 

普段、座って長時間お仕事をしている方は
骨盤を立てて座ってみてくださいね。
上半身の重さは上手く背もたれに
逃がしてあげて下さいね。

 

 

本日は骨盤が後傾すると、
脚が頑張りすぎて太くなるよ!
というお話でした。

 

 

それではまた!

 

 

楽しいGW後半をお過ごしください^^

 

シェアするShare

ブログ一覧