ブログBlog

Blog

04-7151-2815

営業時間

平日 9:30~19:00
※土日祝は営業時間が変動します。
一度ご確認ください。

定休日

不定休

Home > ブログ > 反り腰の腰痛に~大腰筋ストレッチ~

全て

反り腰の腰痛に~大腰筋ストレッチ~

本日もブログへお越しくださり、
ありがとうございます。

 

 

GW、皆さんはいかがお過ごしでしょうか?

私は治療院を開けております。

 

さて前回は大事な筋肉、腸腰筋のエクササイズを
お伝えいたしました。本日は腸腰筋のうちの一つ、

 

大腰筋のストレッチ

 

 

をお伝えします。これをやってほしい人は

 

反り腰で腰が痛い人!

 

 

になります。冒頭のイラストですね。

 

 

もちろん大腰筋だけの問題だけでなく、
太ももの前や股関節の外側など、

 

 

股関節を曲げる筋肉(膝を持ち上げる役割)が
短くなると骨盤が前に引っ張られて、いわゆる
骨盤前傾になり反り腰になってしまいます。

 

 

チェック方法は壁に

 

 

踵ーお尻ー頭、

 

 

を付けて立ってみてください。
腰と壁の間に手の平1枚以上の
間が空いていてスッカスカだったら
残念ながら反り腰です。
どうでしたか?

 

 

それではその腰を反らせる筋肉、
大腰筋を伸ばしていきましょう。

 

 

腸腰筋は「腸骨筋」と「大腰筋」という
二つの筋肉が合わさって「腸腰筋」です。
腸骨筋は骨盤から大腿骨についていますが、
大腰筋は直接腰椎から起こり、大腿骨についています。

 

 

まずは床にマットかバスタオルをひき、
片膝立ちになります。
大腿骨ー骨盤ー背骨

 

 

のラインが真っ直ぐなるようにします。

骨盤ー背骨は真っ直ぐのまま
お腹を締めて骨盤ー上半身を
前方移動します。

 

身体と骨盤が前に倒れない様に気を付けます。

いわゆる、

股関節が伸展している

 

 

という状態を作ります。
膝が股関節より後ろにある状態です。
正常な角度はたった10度なんですよ。

 

 

でも、この10度が出ない人が多くいます。

 

 

反り腰の人は普段から0度ではなく、
股関節が曲がった状態(屈曲)に
なっているので、良く伸ばしてあげてくださいね。

 

 

反対に鍛えるべき筋肉は

 

 

腹筋

 

 

になります。腹筋は伸びてしまっているんですね。

 

 

縮んだ大腰筋は伸ばし、
伸びた腹筋は縮める

 

 

事で筋肉のバランス「筋長」が整っていきます。

 

 

まずは

 

 

反り腰改善に

大腰筋ストレッチ!

 

 

行ってみましょう!

 

 

ではまた!

シェアするShare

ブログ一覧