ブログBlog

Blog

04-7151-2815

営業時間

平日 9:30~19:00
※土日祝は営業時間が変動します。
一度ご確認ください。

定休日

不定休

Home > ブログ > ふくらはぎのマッサージ

全て

ふくらはぎのマッサージ

 

こんにちは。

 

 

本日もブログへお越しくださり、
ありがとうございます。

 

 

本日はふくらはぎのマッサージのお話。

 

 

「ふくらはぎ」は第二の心臓
なんて言われますよね。

 

 

下肢の血液を
心臓に戻すポンプの
役割があります。

 

 

ふくらはぎが疲れると
「足パンパン」になったり、
デスクワークでは夕方に
むくんでやはり「足パンパン」に、
特に女性はなりやすいですね。

 

 

そうならないためには
小まめに足首を動かしたり、
ストレッチをしてあげると
予防や解消にはいいですね。

 

 

マッサージも効果的ですが、
ふくらはぎは結構デリケートだと考えています。
なので強すぎず、弱すぎず、

 

 

「ふんわり、しっかり、時にはググッ

 

 

と、私はマッサージをしていきます。
私はスポーツマッサージをするので
老廃物を流すようなイメージで
軽擦法というさする手技を入れながら
うつ伏せで足を立てて行ったり、
丁寧にマッサージしていきます。

 

 

ふくらはぎを真ん中で切った断面をみると
10個の筋肉と1本の腱があります。
あの「シシャモ」のような筋肉だけでは
ないんですよ。

足首を動かす筋肉、
捻挫しないように頑張る筋肉、
土踏まずを作る筋肉、
足の指を動かす筋肉、
などなど。

 

 

なので足の裏から膝の裏まで
繋がっています。
シシャモを揉んだだけでは
足りません。表面のシシャモはふんわり、
深部は骨にへばり付いているのを
短い時間でグイグイッっと
刺激を与えていきます。

 

 

今、はやりの「筋膜」を追っていくと、
足の裏から眉毛の上まで体の
後面をたどってつながっています。
凄くないですか?
だからふくらはぎと腰は
関係しているんですよね。

 

 

膝の裏はちょっと押すだけで
飛び上がるほど痛がる人もいます。
そんな人は大抵、「腰が悪い」。
ここは本当に痛いので、
こんなに頑張っているところも
あるんですよ!ってお知らせする程度で、
あんまりゴリゴリほぐしません。

 

 

当院では「痛くなくほぐれる方法」

 

 

を行います。「あれっ、て感じで圧痛が軽減」

写真じゃよくわかりませんが、
こんなことやると
膝裏がほぐれるんです。

 

 

いかがでしたでしょうか?
いつも頑張ってくれている
ふくらはぎ君の事、少しは
理解していただけましたでしょうか?

 

 

そんな「ふくらはぎ」を当院では

 

 

「ふわっと、さらっと、ググッと」

スポーツマッサージでほぐしていきます。

 

 

まれに、「ふにゃふにゃ」の人もいます。
そんな方は本当にさらっと、終わります。

 

 

ふくらはぎは自分でも手が届くので
優しくマッサージやストレッチを
やってあげて下さいね。

 

 

残り少ない2017年、今年の疲れは
最後に当院Bridgeで身体の大掃除、
してみてはいかがでしょうか?

 

 

ではまた!

シェアするShare

ブログ一覧