ブログBlog

Blog

04-7151-2815

営業時間

平日 9:30~19:00
※土日祝は営業時間が変動します。
一度ご確認ください。

定休日

不定休

Home > ブログ > 別人の身体

全て

別人の身体

メリークリスマス!

 

 

 

 

 

 

本日もBridgeのブログへお越し下さり
ありがとうございます。

本日は、昨日私が走って感じた身体の事です。

いつもは早朝の朝食前にランニングをしています。
夕食からは7~8時間位たっていますので、
血糖値も高くない状態ですが、90分位は
動けます。特に体が動かなくなることもなく、
よほどの事がなければ調子悪い事はありません。

先日は早く帰ってきたので夕方に走ったのですが、
途中から別人のように身体が重くなり、動きも
バラバラになってしまいまいました。も~本当に
これが自分の身体かと思うほどでした。

何でかと思ったら、走る前にあるも物を食べました。
三太郎の日だったのでドナーツを二つ買って(もらって)帰り、
うちに帰ったら宅配ピザがあって、それとドーナツ一つ食べてから
走りに出ました。

恐らくそれが原因だと思っています。しかし、それが
決してピザとドーナツが悪いわけではありません。
今の私にとってピザとドーナツが合わなかったんです。

次の日、一つ残したドーナツを食べてチェックしたのですが、
案の定、食べた後の身体の反応は身体の柔軟性が落ちるという、
良くない反応が出ました。

実はその食品が悪いのではなく、その人に合う食品、合わない食品
と言うものがあります。合う食品を摂ると、身体は元気になり
パフォーマンスが上がります。合わない食品を摂ると、力が落ちて、
身体が硬くなり、パフォーマンスが落ちます。

簡単に言えば、世の中ではやる「〇〇ダイエット」で、
結果が出る人、結果が出ない人の理由です。

結果が出た人はその〇〇の食品が合っていた。
結果が出ない人はその〇〇の食品が合わなかった。

食べた後に眠くなるのも合わない食品です。

この様な人の反応を使ったメソッドがこれから
世の中に出て行きます。数年前からそのメソッドを
少し学んでいます。もっとしっかり学んで、関わる人の
身体機能を上げられるようにしていきたいと思います。

あなたに合った食べ物は何でしょうか?

こちらに関しては、またいろいろ報告しようと思います。

ではまた!

シェアするShare

ブログ一覧