本日もブログへお越しいただき
ありがとうございます。

 

 

 

 

 

本日は背骨のお話と最後にお薦めの
背骨を動かすエクササイズのご紹介

先日、テレビニュースのスポーツコーナーで
スピードスケートの小平選手の特集をやって
いました。だいぶ背骨のコンディショニングに
取り組んだようです。その中で

「チーターや野生動物に近づけたかも」

みたいなことを言っていました。

アスリートの身体の話しになると、
結構話題に上るチーター。
最速ですからね、しなやかな身体でないと、
あの動き、あのスピードは出ないんでしょうね。

やはり人間も同じで背骨の動き、柔軟性、
しなやかさはとても大事ですね。

背骨(胸椎)だけでなく、共に肋骨、胸骨で
構成される「胸郭」の動きが重要になります。
胸郭の動きが悪いとしなやかな動きはなくなり、
投げる、振る、などの動作は「手投げ」「手打ち」
になり、肩や肘、腰に負担がかかってきます。

スイング系だけでなく、ランニング動作にも
もちろん必要で、しなやかさがなくなると、
腕振りが「肩振り」になり余計な動きとなり、
無駄な体力を使います。上半身に余計な動きが
出れば、それを吸収するのは脚になりますので、
ランニングエコノミーの低下につながります。

ですので、しなやかな上半身、胸椎、胸郭の
可動性とても大切になります。
しかし、背骨と言っても腰椎は「可動性」も
必要ですがより、「安定性」が必要になります。

胸郭は骨で構成されているので、構造上
安定しています。しかし、腰部、腰の部分は
腰椎が5個、積み木のように積みあがられて
いるだけなので、骨格での支持が他になく、
構造上不安定なんです。だから、
腰痛は起こりやすいんですね~。
その安定性を与えてくれる一つが、
天然のコルセット筋の「腹横筋」です。

でも、腰の周りの筋肉も柔らかく、
きちんと腰椎も安定性があった上での
可動性も必要です。

背骨が硬いなぁ~とか、身体がガチガチに
なってきたなぁ~と感じた方はこのエクササイズを
やってみて下さい。

ポイントはゆっくりと行い、
背骨の動きを感じること。
私はやっていて、腰椎の動く感覚が無く
骨盤を動化した後に腰をスルーして背中に
感覚が入る感じです。自分でも腰が硬いのは
自覚しるので、いつも腰を意識しています。

では、背骨のコンディショニング動画をどうぞ

ではまた!


The following two tabs change content below.
海老澤 一哉(えびさわ かずや)

海老澤 一哉(えびさわ かずや)

スポーツマッサージ整体院Bridge院長。長年の臨床経験や自身のスポーツ経験などを活かし、地域の皆様の健康に貢献できればと思っています。
海老澤 一哉(えびさわ かずや)

最新記事 by 海老澤 一哉(えびさわ かずや) (全て見る)

※効果には個人差があります

スポーツマッサージ整体院Bridgeの施術の特徴

体の悩みを解決をしたいけど・・・。
どんな施術なのか?どのくらい料金がかかるのか?など不安な方も多いと思います。
スポーツマッサージ整体院Bridgeは、あなたの悩みを丁寧にお聞きし、原因や施術方法、料金をしっかりとお伝えいたします。
まずは、お電話でもメールでも気軽にご連絡ください。

「ホームページを見ました」と気軽にご連絡ください。

気軽にご相談・ご予約ください TEL 04-7151-2815 受付:平日9:30~20:00/土日祝13時~(終了時間変則)
休業:不定休
住所:千葉県柏市明原1-3-4 B棟201
最寄駅:柏駅西口徒歩6分
    (提携コインパーキングあり)
地図・行き方