本日もブログへお越し下さり
ありがとうございます。

 

 

 

 

 

皆さんは自分の普段の心拍数ってご存知ですか?
安静時とかの心拍数を知っているといいかもしれません。

健康診断の時や、血圧を測るときに出てきますね。
日頃の体調を把握するのにも便利ですよ。

その時は起床時に測ると一番安定しています。

いつもよりも心拍数が高ければ、体がより酸素を必要としているので
疲れているのかもしれません。あるいはストレスで交感神経が優位
なって心拍数が高くなっているのかもしれません。

今朝、ランニングをしていて、いつもより心拍数が高かったんですね。
目安として1㎞5分のゆっくりしたペースで走っていて、だいたい130が私の目安です。

それが今日は140弱で推移していました。日曜日に山をトレイルランで27㎞程走ったので
その疲れが抜けていない様子です。体感的には、体が疲れている感じはないのですが、
脚に少々疲れが残っている感じでペースを上げるには少々キツイ感じ。
後半に少し落ち着いてきましたが、距離も無理をせずに10㎞弱で切り上げました。

心拍数は自分でコントロールする事が出来ません。
自律神経がコントロールしています。心拍数が高くなるには
それなりの理由があるんですね。体は正直ですね。

あなたの自律神経のバランスはいかがでしょうか?

 

 

 

 

今は心拍計がなくても、スマホのアプリでストレスッチェッカー的なものを
ダウンロードすると、カメラに指を当てて測る事が出来ます。

私は心拍数が40台と低めなせいか、いつ測っても

ストレスレベルは「1」

と最低(ストレスが無い状態)レベル。最高と言った方が良いのでしょうか???

ですのでほとんどあてにしていません。

運動時に使っている心拍計のついた時計を信用しています。

心拍数を使った簡単な自律神経チェック

心拍数は呼吸で上がったり下がったりします。

息を吸うと心拍数はわずかに上がります。
息を吐くと心拍数はわずかに下がります。

これも自律神経と心拍数はわずかに下がります。の作用です。

息を吸う時は交感神経が優位になり心拍は上がります。
息を吐く時は副交感神経が優位になるので心拍は下がります。

ですので、

緊張した時はドキドキして上がった心拍数を下げるために
深呼吸でゆっくりと息を吐いて心拍数を落ち着かせます

誰もがやったことあると思います。

是非、心拍数を目安に体調を把握してみて下さい。
疲れを感じていないのに体は反応しているかもしれませんよ。

そのためには

➀普段の安静時心拍数を知っておく
➁起床時に測る
➂吸気と呼気で心拍の上下を確認する

です。それではまた!


The following two tabs change content below.
海老澤 一哉(えびさわ かずや)

海老澤 一哉(えびさわ かずや)

スポーツマッサージ整体院Bridge院長。長年の臨床経験や自身のスポーツ経験などを活かし、地域の皆様の健康に貢献できればと思っています。
海老澤 一哉(えびさわ かずや)

最新記事 by 海老澤 一哉(えびさわ かずや) (全て見る)

※効果には個人差があります

スポーツマッサージ整体院Bridgeの施術の特徴

体の悩みを解決をしたいけど・・・。
どんな施術なのか?どのくらい料金がかかるのか?など不安な方も多いと思います。
スポーツマッサージ整体院Bridgeは、あなたの悩みを丁寧にお聞きし、原因や施術方法、料金をしっかりとお伝えいたします。
まずは、お電話でもメールでも気軽にご連絡ください。

「ホームページを見ました」と気軽にご連絡ください。

気軽にご相談・ご予約ください TEL 04-7151-2815 受付:平日9:30~20:00/土日祝13時~(終了時間変則)
休業:不定休
住所:千葉県柏市明原1-3-4 B棟201
最寄駅:柏駅西口徒歩6分
    (提携コインパーキングあり)
地図・行き方