こんにちは。本日もブログへお越し頂き、
ありがとうございます。本日は、
骨盤が後傾すると・・・というお話ですが、

これをピラティスの

チェアー

というイクイップメントを使って
簡単に説明しますね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

はい、これがピラティスチェアーです。
足を乗せているペダルにバネが付いていて
そのバネの強さで使を調節します。

レッグパンプス

というエクササイズです。

このエクササイズは
しっかり骨盤を立て座り、
立てた骨盤を安定させて
ペダルを踏み下ろす
エクササイズになります。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ん~、ちょっと後ろに倒れ気味…。

この時、

骨盤を安定させているのがお腹の筋肉

なんですね。

骨盤を立てて座っているだけでも
出力を出していますが、そこに、
骨盤で関節をなしている股関節を動かす
という負荷をかけつつも、骨盤を安定させながら
ペダルを踏んだり、戻したりします。

たったこれだけなんですが初めは
出来なかったりします。

これが骨盤が後傾すると、
こんな感じ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ん~、これはひどい…。

んで、この時なんですね。
このエクササイズで動いているのは
股関節と膝関節だけなんですが、
骨盤がニュートラルか後傾で使う
ところが変わってきます。

さて・・・
骨盤が後傾すると・・・

お腹の力が抜けて
脚で頑張ってしまいます!

手で触れてみると違いが判ります。

一方、骨盤を立てたニュートラルな
状態で行うと、お腹に程よい緊張感があり、
脚は最小限の出力で動いてくれます。

これはやってみないとわからないのですが…。

という事は、普段から骨盤が後傾してる人は
太モモが超頑張ってしまっているんですよね。
しかも腹筋はサボってしまって。

そりゃーお腹たるんで、
脚は太くなるわけですよね。

だから骨盤の位置って、大事なんです。
後傾していると全部脚で負荷を受けてしまい、
骨盤体幹部は不安定になります。

ランニングで言ったら

腰が落ちている

状態になりますよね。

普段、座って長時間お仕事をしている方は
骨盤を立てて座ってみてくださいね。
上半身の重さは上手く背もたれに
逃がしてあげて下さいね。

本日は骨盤が後傾すると、
脚が頑張りすぎて太くなるよ!
というお話でした。

それではまた!

楽しいGW後半をお過ごしください^^


The following two tabs change content below.
海老澤 一哉(えびさわ かずや)

海老澤 一哉(えびさわ かずや)

スポーツマッサージ整体院Bridge院長。長年の臨床経験や自身のスポーツ経験などを活かし、地域の皆様の健康に貢献できればと思っています。
海老澤 一哉(えびさわ かずや)

最新記事 by 海老澤 一哉(えびさわ かずや) (全て見る)

※効果には個人差があります

スポーツマッサージ整体院Bridgeの施術の特徴

体の悩みを解決をしたいけど・・・。
どんな施術なのか?どのくらい料金がかかるのか?など不安な方も多いと思います。
スポーツマッサージ整体院Bridgeは、あなたの悩みを丁寧にお聞きし、原因や施術方法、料金をしっかりとお伝えいたします。
まずは、お電話でもメールでも気軽にご連絡ください。

「ホームページを見ました」と気軽にご連絡ください。

気軽にご相談・ご予約ください TEL 04-7151-2815 受付:平日9:30~20:00/土日祝13時~(終了時間変則)
休業:不定休
住所:千葉県柏市明原1-3-4 B棟201
最寄駅:柏駅西口徒歩6分
    (提携コインパーキングあり)
地図・行き方